サイト内検索 検索

風力発電

風力発電のイメージ画像1風力エネルギーは、安価でクリーンなエネルギーとして注目され、世界規模で最も導入が進んでいる再生可能エネルギーです。しかし、日本国内への導入は欧米や中国等に大きく後れをとっており、洋上風力発電関連の技術開発等が進められ今後の更なる導入が期待されている一方で、技術面や経済性等の様々な課題を克服する必要があります。

風力発電のイメージ画像2イー・アンド・イー ソリューションズは国が始めた風力発電に関する研究開発事業に1980年代から携わっており、以降、各種研究開発プロジェクトに参画するとともに、地方自治体や民間における風力発電事業の導入支援業務等についても多くの実績を積み上げて参りました。風力エネルギーの導入普及に貢献すべく、お客様に合わせたサービスのご提供内容の概要について以下でご紹介いたします。

デューデリジェンス

デューデリジェンスのイメージ画像風力発電の事業化にあたって、金融機関の融資案件(PF)に対する審査業務(事業計画レビュー・リスク評価・事業性の精査等)を行い、また事業者の方々のための事業計画の立案~導入の具体検討~発電所建設~運営に至る、一連のサポート業務を提供します。

提供サービス例

風力発電の導入に係る調査

基本計画・立地条件レビュー、風況および発電量の推定・調査、事業化可能性調査、導入効果の検討等

風力発電設備に係る技術検証

対象とする風力発電設備(風車本体、周辺機器)に関しての実績レビューや技術検証、導入技術の妥当性についての評価

風力発電設備の契約書の検証

風力発電のEPC契約、O&M契約をはじめ、各種保証契約等の妥当性の検証および契約条件の提案

建中・完工確認

発電所の建設工事時や完成時の進捗、完工確認

完工認定等

設備があるべき性能を発揮しているかを確認・検証、風力発電所が完成し営業運転可能な状態にあるかの判定

運転開始後の性能検証、トラブル対応

運転開始後の設備の稼働状況のモニタリング・性能検証

導入支援・アドバイザリー

導入支援・アドバイザリーのイメージ画像公共団体や民間事業者が風力発電事業を実施するための導入支援・アドバイザリー業務を行っています。

提供サービス例

風車設置の適地選定・賦存量調査、発電事業の基本計画策定

導入可能性調査(FS調査)

風況調査・解析、風況予測

発電量予測、風車配置検討

事業化のための詳細検討

環境影響評価

関連法規、許認可取得、届出に係るアドバイス

環境影響評価補助

日本の複雑な地形に合った3次元非線形風況予測モデルによる解析

複雑な地形をもつ日本では、風車の設置場所は急峻な山岳地や海岸線も多く、風力発電のシミュレーションも非常に複雑となります。一般的に広く用いられてきた線形シミュレーションモデルでは、山頂や山陰で風速を過大に評価してしまうことがあります。
当社では、急峻な地形や実際の複雑地形を越える流れ場を高い精度で予測することができる「3次元非線形風況予測モデル」を用いることにより、高精度の風況/発電量予測サービスを提供しております。また、複雑地形下に設置された風車が乱流等の影響により故障する事例が報告されていますが、このような解析も行うことができます。

風況シミュレーションの例の図
図 風況シミュレーションの例(RIAM-COMPACTによる)

ドップラーライダーによる陸上からの洋上風力発電エリアの風況観測・解析

洋上風力発電設備の設置検討や事業性評価において、対象海域の風況把握は大変重要なものとなります。
当社が所有する垂直方向観測用、全方向観測用の各ドップラーライダー(水平方向の観測が可能)を利用することにより、洋上観測タワー設置等のようなコストと手間を掛けずに、陸上部から洋上の風況測定を行うことができます。
これにより、陸上部から陸上風力や洋上風力発電エリアの風況観測・解析を実施し、それぞれの風力発電のポテンシャル推計に有用なデータ取得を行っております。

ドップラーライダ―による風況測定の図
(概念図)ドップラーライダーによる風況測定

※ ドップラーライダーとは
レーザー光を発射して大気中のエアロゾルからの反射光を受信し、その移動速度を風速として計測する手法であり、気象分野を含めて広く利用されているリモートセンシング技術です。風況タワーでは観測できない遠方(高度、水平距離)の観測が可能です。

研究開発

研究開発のイメージ画像NEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)、経済産業省(資源エネルギー庁)、環境省等の国関係の各種研究開発や実証事業に参画し、技術開発の一端を担うとともに、最新情報の入手・活用に努めています。また、これらの事業では発電事業者、風車メーカーや各分野の専門会社と連携して事業を進めることも多く、風力発電全般に関するネットワークづくりの上からも有用であり、研究開発のみならず、前述のデューデリジェンス業務や導入支援・アドバイザリー業務にもそのネットワーク力をフィードバックしています。

また、大学研究機関との共同研究による風況予測技術の開発や、より高度な解析の実施なども進めており、風力発電に関する研究開発への貢献と業務への展開も積極的に進めています。

環境アセスメント

環境アセスメントのイメージ画像当社では、日本でまだ事例が少なく、研究開発要素も含まれる洋上風力発電の環境影響評価(環境アセスメント)を中心に、陸上・洋上の風力発電の環境アセスメントのサポートを提供しています。
詳細は「環境アセスメント」をご覧下さい。

インターネットからのお問い合わせ