サイト内検索 検索

グリーンボンド・グリーンローン支援サービス

グリーンボンド支援サービスのイメージ画像急速に広がるグリーンファイナンスの市場では、世界に複数存在するガイドラインへの適合性によってグリーン性が評価されています。一方で、さまざまなグリーンボンドの中から、よりグリーン性が大きなものを投資対象として選定したい、グリーンローンにおいてグリーン性だけでなく環境リスクについてもきちんと把握したいといったニーズも拡大してきています。このためには、グリーン性とネガティブ影響について、より精緻で透明性の高い評価が必要です。

たとえば、大規模太陽光発電には森林伐採や景観、風力発電には騒音やバードストライク、バイオマスには原料調達といったリスクがあり、これらが操業の妨げとなることも考えられます。再生可能エネルギーによる環境へのネガティブ影響が全くないとは言えず、立地や規模、選定機器などによって環境や地域への影響はさまざまであり、プロジェクトごとにリスクの種類やグリーン性の大きさを見極める必要があります。

以下に、グリーンボンドやグリーンローンの資金使途となるグリーンプロジェクトの例を示します。プロジェクトには様々なケースがあるため、資金使途が本当にグリーンなプロジェクトなのか、その適格性について判断に迷う場合には、当社までお気軽にご相談下さい。

グリーンボンド・グリーンローンの調達資金の使途となるグリーンプロジェクトの例

再生可能エネルギー

  • 太陽光発電(単独、ソーラーシェアリング等)
  • 風力発電(陸上、洋上 着床・浮体)
  • バイオマス発電(輸入原料、地産原料)
  • 中小水力発電
  • 地熱発電
  • 太陽熱、地中熱等の再生可能エネルギー熱利用
  • 送配電網の整備、スマートグリッド 等

省エネルギー

  • 省エネ性能の高い建築物の新築
  • 建築物の省エネ改修
  • 省エネ性能の高い機器や設備の導入 等

汚染の防止と管理

  • 廃棄物処理
  • リサイクル
  • 有害化学物質対策
  • フロン類の排出防止、回収、破壊
  • 汚染土壌の処理
  • 廃水処理 等

クリーンな運輸

  • 電気自動車、ハイブリッド自動車等の低公害車
  • 鉄道
  • 船舶
  • 飛行機
  • モーダルシフト
  • カーシェアリング
  • パークアンドライド
  • 物流システム、インフラ整備 等

その他「自然資源の持続可能な管理」、「生物多様性の保全」、「気候変動に対する適応」 等

<参考資料>
  • グリーンボンドガイドライン2020年版(環境省、2020年3月)
  • グリーンローン及びサステナビリティ・リンク・ローンガイドライン2020年版(環境省、2020年3月)
  • グリーンボンド原則2018(国際資本市場協会(ICMA)、2018年6月)
  • グリーンローン原則(ローンマーケット協会(LMA)、アジア太平洋地域ローンマーケット協会(APLMA)、2018年3月)

グリーンボンド支援サービス

グリーンボンド支援サービスのイメージ画像イー・アンド・イー ソリューションズは、グリーンボンドの発行体様向けに、投資家説明の裏付け資料となる、より詳細な環境評価をお示しします。また投資家様には、グリーンボンド投資のための選定要素となる環境評価を技術的側面から実施し、テクニカルレポートをご提供します。

なお当社は、環境省が実施する「グリーンボンド発行促進体制整備支援事業(補助事業)」において、コンサルティング部門の発行支援者に登録されています。

URL:http://greenbondplatform.env.go.jp/support/registration-list.html

実績

「環境省:平成29年度、平成30年度、平成31年度グリーンボンド発行モデル創出事業に係るガイドライン適合性確認業務」

  • 2017年11月 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構/クリーンな運輸に関する事業
  • 2018年5月 日本郵船株式会社/環境対応船に関する事業
  • 2018年6月 三菱地所株式会社/市街地再開発に関する事業
  • 2018年12月 独立行政法人住宅金融支援機構/省エネルギー住宅の普及促進に関する事業
  • 2019年6月 芙蓉総合リース株式会社/日本版RE100加盟企業向けの優遇リースに関する事業

グリーンローン支援サービス

2018年、英国のローン・マーケット・アソシエーション(LMA)及びアジア太平洋地域のアジア・パシフィック・ローン・マーケット・アソシエーション(APLMA)によりグリーンローン原則が制定されたことを契機に、グリーンローンが広がりを見せています。グリーンなプロジェクトを対象としたローンであると認められるためには、グリーンボンドと同様、グリーン性とネガティブ影響(リスク)について精緻で透明性の高い評価が必要となります。

イー・アンド・イー ソリューションズは、グリーンローンの貸付人様や借入人様向けに、第三者の立場から詳細な環境評価をお示しします。

実績

  • 2018年11月 クレディアグリコル銀行 グリーンローンセカンドオピニオン
  • 2018年12月 日本郵船 グリーンローン評価(技術評価支援)
  • 2019年3月 日本郵船 グリーンローン評価(技術評価支援)
  • 2019年12月 クレディアグリコル銀行 グリーンローンセカンドオピニオン

グリーンプロジェクトに関する投融資および資金調達の支援サービス

国内や海外における大規模なプロジェクトへの融資に際し、国内外における多くの金融機関では環境審査(環境社会配慮確認)が実施されています。イー・アンド・イー ソリューションズは、1990年代に開始した環境審査支援の豊富な実績を踏まえ、金融機関様に対して、環境審査の支援や審査体制・マニュアル等の作成等の支援を行います。 また、これから融資を申請される事業者様に対し、環境デューデリジェンスやスムーズな環境審査のためのアドバイス、資料等の作成支援を行います。

提供サービス例